ゲイの一年 ~四季折々~

ゲイとしての今後の人生についてゆるーく考えていきたいと思います。

【ゲイ登山】登山以外も楽しかった大高取山

12月に入りましたが、ゆうじボーイは登山道まっしぐらなのであります。

今回の登山では、池袋から出る東武東上線に揺られること約1時間で到着する坂戸駅。そこからさらに東武越生線に乗り換えた終点「越生駅」から徒歩で行ける大高取山(おおたかとりやま)に登ってきました。


ちなみに皆さま、「越生」って何と読むんでしょーか??





正解は(おごせ)でした!
なかなかの難読漢字ですよね(笑)



今回の登山計画では、元々神奈川県の箱根にある「金時山」に登ろうということになっていました。しかし、主催者だったNPさんが療養のためまさかの欠席。そこでぼくが残りのメンバーを率いて、急遽登山のリーダーをすることにしたのです。

メンバーは登山サークルのKちゃんとSちゃん、パパ、NPさんの友だちのbbちゃん、そしてぼくの計5人(イニシャル多くてすんません)。

ぼくは全員と面識があったのですが、それぞれのメンバーから見ると初対面の組み合わせもあり、はじめのうちはみんな仲良くなれるかな~とドキドキしていました。
ただ、みんなLINEで計画を進める際にこまめに相槌を打ってくれるタイプだったので、登山計画を立てやすかったです。「LINEでのコミュニケーションが円滑な人に悪い人はいない」というのがぼくの持論なのですが、今回はまさにその通りといった感じで、対面で会ったときにも全員気さくに話せる感じだったのでうれしかった!!



コースはこちらのサイトの「大高取山・ゆうパークおごせコース」をそのまま参照しました ↓

tabi.tobu.co.jp



このコースは所要時間も短く、アップダウンも少ないので、週末の気楽な日帰り登山にはまさにぴったりといった感じでした。何より、コースの最後に「ゆうパークおごせ」という温泉施設があるのがいいですね。この施設は、熊谷や大宮にある「おふろcafe」の系列施設だそうなのですが、とにかくホームページがきれい。また岩盤浴やレストランといった施設も充実しているようだったので、ここはぜひとも立ち寄りたいなと思いました。

前回の登山で行った塔ノ岳の縦走コースは実は結構ハードで、みんな疲れ切ってしまっていたので、今回はそれよりもっとラフで、美味しい山ご飯を食べることと、温泉で疲れた体を癒すことをメインにすることにしたのです。



登山の行程として、まず越生駅から世界無名戦士の墓というところを目指して歩きます。ここは第二次世界大戦で亡くなった戦死者の方がいろいろ祀られているようです。歴史とかには特に興味のないメンバーが多かったのであまり長居はしなかったのですが(笑)、ここからの景色はとにかく絶景なので、記念写真を撮ったりして満足することができました。

f:id:gayblog20s:20181209143139j:plain

関東平野が丸見えって感じ


世界無名戦士の墓に着くまでは長い階段があるのですが、そこをダッシュで上り下りする高校生の集団に遭遇。彼ら彼女らのハアハアとした息遣いを間近に感じて、なんか青春気分を勝手にお裾分けしてもらっちゃいました。


そこから約30分くらい山道を歩くとあっという間に山頂。世界無名戦士の墓と比べると山頂からの景色はパッとしないのですが、それでも山からの開けた景色と平らな空間は居心地よかったです。


今回の登山で、ぼくは念願だった山用ガスバーナーを初お披露目しました!

f:id:gayblog20s:20181209143629j:plain


本当はちゃんと料理っぽいことをしたかったんだけど、通販で購入したコッヘルが全然届かず、手元に飯盒しかなかったので、スーパーで買えるアルミの鍋付きのうどんを火にかけることにしました。


これが絶品!!

生野菜と生肉を加熱するんだけど、インスタントと違って野菜のシャキシャキ感とかお肉のプリプリ感が残っているからとっても美味しかったです。
他にもメンバーにお湯を配ったりと大活躍の山用ガスバーナーだったので、今度はコッヘルを使った煮込み料理など、もっとさまざまな活用方法にも挑戦したいなと思いました。



美味しい山ご飯を満喫した後は、「ゆうパークおごせ」に向かって再出発。途中、なんとか観音とか日本最古の柚子が植わっている林とかを抜けて目的地に到着することができました。


「ゆうパークおごせ」はというと、こちらも最高の施設で大満足。温泉と岩盤浴の規模は少し小さいなと感じたけど、日曜日にも関わらずとても空いていてほぼ貸し切り状態。のんびりと登山で疲れた体をリラックスさせることが出来ました。

一番の魅力は休憩スペースの充実度。漫画も大量にあるし、ハンモックやテントが室内にあるナチュラルな空間だから、心もゆったりとすることができる。あと、ボードゲームや卓球、カラオケもあるから1日中ずーっと飽きずにいることができるなと思った。入場料もかなり安いからマジでおすすめ。



もっと滞在したかったんだけど、場所も遠いし、重い腰を上げて帰宅することにした我々。登山が終わってからはKちゃんの家に移動して、前日発売されたばかりのスマブラをみんなでプレイすることにしたのです。

登山で自然を満喫するのも大好きだけど、暖かい室内でみんなでやるテレビゲームも最高だね!久しぶりのスマブラは思ったよりも勝てて、めちゃくちゃ楽しかったです。




そんなこんなで1日を通してずーっと充実していた登山だった。もう今年は登山しないから、次の登山はまた来年。来年もたくさんの山に登りたいなと思います。

おわり