ゲイの一年 ~四季折々~

ゲイとしての今後の人生についてゆるーく考えていきたいと思います。

近況とか…

ようやくブログを更新しようという気になったので、少しだけ書くことにします。

ここのところ、なんとなーく時間に追われて焦っている感じでブログを書くことができず、またRainbow Lifeで連載している記事もしばらくお休みさせてもらうことにしました。


なんで時間に追われている感じがするのかなって理由を考えてみると、文章を書く作業をしている割に、ぼく自身がインプットできていないというところにもやもや感を抱いているからなのかなと思う。

周りの話を聞いていると、「最近〇〇の漫画がおもしろい」とか、「ドラゴンクエストの△△っていうキャラクターが~~」的な話をたくさんしているのをよく聞く。ぼくもそういう話題の作品やおもしろいゲームとかを知りたい!という好奇心が人一倍強いんだけど、そのための時間をなかなか作れていないという不満感が日々募っていた。



仕事がある日はとにかく通勤時間が長い。「電車の中で何かする時間はたくさんあるじゃん!」って思うんだけど、立ちっぱなしで何か作業をするというのがどうも苦手だし、座れたとしても目を閉じて休息したいという欲求の方が強いから、なかなか本を読んだりゲームをしたりといったことができなかったりする。


仕事が終わって帰宅し、ご飯やお風呂を済ますとあっという間に夜中の10時。子どもと関わる仕事だからポジティブな言動を1日中保つためにも、身体と心は常に健康な状態でいたい。だから睡眠時間もたっぷりとりたい。となると、本を読んだり映画・ドラマを見たりといったインプットの時間は自ずと限られる。



最近は休日も予定が詰まっていて身動きできない状態が続いていたから、インプット時間をもっと確保したい欲求がピークに達して「もうどうにもならん!!」って感じだった(笑)。

昨晩に長編小説を一冊読み終えることができたから少しは欲求不満も解消できたんだけど、もうしばらくはインプットタイムを意識的に確保していこうと思う。




さてさて、何の話をしたかったんだっけ……

そうね、とりあえず最近人におすすめされた本はしっかりと読了したいと思います。積極的に文章を書きたいなと思えるようになるのはそれからかな?


有川浩旅猫リポート』『塩の街
宮部みゆきの時代小説
冲方丁『十二人の死なない子どもたち』

ここら辺の小説は全部読み切ってやろうと思います!
『王様のヴァイキング』って漫画も読みたい。

あとは、映画。

あの頃、君を追いかけた』という映画なんですけど、この映画は台湾の原作を大学1年生のときに見て非常に思い出深い作品なので、日本版リメイクもぜひ観たいと思います。去年の10月くらいにわざわざ埼玉の熊谷にまで行って、男子高校生役(笑)としてエキストラ出演もさせてもらったんですけど、自分がどのくらい映っているのかにも興味があります。


ということで、しばらくはインプットしまーす!



―――

追記

先週末にじじさんとchuckさんと飲みに行って、ブログで少し言及してもらったので、一言ずつお礼を言おうかなと思います。

じじさんは初対面だったんですけど、最初からアクセル全開でおしゃべりするパワフルなおじさんでした。愉快なおじさん♪
ブログを読んでるだけでは分からないこともいろいろと知ることができたので、お会いして話を聞くことができてよかったです。所属する合唱団のコンサートも紹介してくださったので、お休みが合えば行きたいなと思いました。

chuckさんは、まぁ、ノーコメントで(笑)。
もう少し本音を聞かせてね。けど、好きだよ。


おわり