ゲイの一年 ~四季折々~

ゲイとしての今後の人生についてゆるーく考えていきたいと思います。

ぼくのなつやすみ(夏季休暇5日間)

夏季休暇5日間が終わろうとしている。

社会人になって1年と4ヶ月。前職ではいろいろあって夏季休暇をもらえるどころではなかったから、今回が社会人になって初めての夏季休暇だった。



ほぼ毎日仕事をしているというストレスフルな状況でもらえる5日間のお休みというのは、本当にありがたみが強い。転職期間中にあった去年の夏~秋にかけての3ヶ月の休職期間と比べても、やっぱり今回の夏季休暇5日間の方が貴重で濃密な時間だったなと感じる。

抑圧されている状況の中でもらえる束の間のご褒美というのは、人間にとって非常に価値が高いんだなということを身をもって感じる5日間だった。これは何も「仕事と休暇」のことに限らず、さまざまなことについても言えると思う。恋人との距離感にしてもそう、おいしい食べ物にしてもそう。何事も普段から慣れ親しんでしまっていると、そのことに対してありがたみを感じられなくなってしまう。だから適切な距離感、適切な頻度を保ちつつ、どんなことにも集中力と愛情をいつまでもいつまでも持続していきたいものですね。


今回の教訓
『我慢→我慢→ご褒美→我慢→我慢→ご褒美→我慢→我慢→最高のご褒美』


アメとムチを自分に課すというM発想を心に留めてこれからも頑張っていきたいと思います(笑)。



―――

はい、前置きが長いのはいつも通りですね。さてさて毎度のことながら今回の夏季休暇中の出来事を備忘録として時系列的に記していこうと思いますよ~。お暇な方はぜひお付き合いを!


8月10日(金)

連休初日。この日はまだお盆期間に入る前の平日休みだったから、郵便局に行ったりジムに行ったりと、いつもの平日休みっぽいことをして過ごした。他のサラリーマンたちが働いている時間に自由行動できるというのはそれだけでうれしい。1日があっという間に過ぎていった。

ぼくは最近、自分磨きにお金と時間をかけるようにしている。目的はズバリ、自分に自信を持ってるようになって、いつかは恋人を作りたいから。
ということで、この日は赤坂見附にある歯医者さんでホームホワイトニングのための歯形をとりに行った。「芸能人のような白い歯に!」とまでは言わないまでも、きれいな白い歯でニコッと笑ってみたいんだよね。そこの歯医者さんではホームホワイトニングが一万円でできるから、意外に安いなと感じて行ってみることを決めた。歯形をとったときに、保険適用の歯のクリーニングもできるとのことだったので、次回に来院するときに予約させてもらった。ホームホワイトニングの効果がどれくらいあるのか非常に楽しみ。もし成果がでたら皆さんにもご紹介したいなと思います!

歯医者の後は新宿に行って、献血をした。献血、いまだにしてます(笑)。18歳のときから始めた献血も今回で36回目を迎えた。いい加減、献血ができる条件を満たせなくなって献血を卒業したい気持ちもなくはないけど、ここまで来たからには50回を目指したいという気持ちも強い。

ぼくと献血の関係はこれまでも、そしてこれからも複雑であり続けるでしょう。



8月11日(土)

この日は前々から家族と約束していたバーベキューをしに武蔵野公園に行った。実家暮らしといえど、家族と過ごす時間よりも外で遊び歩いている時間が長いぼくにとって、家族と長時間過ごすという機会はめったにない。だから月に1回くらいは家族ともなるべく過ごすように心掛けている。といっても別に毎日会ってしゃべってるわけだから、特別感なんか一切ないわけだけどね。まぁ、家族サービスってやつ?

武蔵野公園でのバーベキュー、かなりおすすめ。公共交通機関でのアクセスもビミョーだし道具の貸し出しもたぶんやってないけど、かなり人が少なくて、野川のすぐそばで自然を感じながら静かにのんびりと過ごすことができる。木陰で涼しい風を感じながら食べるバーベキューは最高だった。

我が家のバーベキューは七輪。これまで十ウン年間ずっと七輪だったわけだけど、我が家のバーベキューは七輪だということに今更ながら気づいた。

 

f:id:gayblog20s:20180814175747j:plain


七輪というのはいいものだね。コンパクトサイズでかわいいし、じっくりとした炭火で意外と何でも焼くことができちゃう。父親が七輪の火を用意して、母親が朝から握ったおにぎりを焼きおにぎりにしてみんなで食べる。あと肉とかトウモロコシとかも焼いて食った。我が家の家人はサイコーな人たちなのである。感謝


そして夜から読書サークルの会合に参加した。今回の課題本はジョージ・オーウェルの『1984年』。全体主義の思想に支配された世界を描いた長編SF作品のため、読む前は「長くてつまらなそうだな~」と思っていたけど、意外や意外、読んでみたらめちゃくちゃおもしろかった。この小説は読書サークルの課題本じゃなかったら絶対読んでなかったから、参加することができて本当に良かった。

読書サークルの人たちと話していると、いつも新しい発見や学びをさせてもらうことができる。ぼくもメンバーたちとずっと同じ土俵で楽しめるよう、これからもたくさん読書をしていきたいなと思った。



8月12日(日)

夏季休暇の真ん中。ぼくといつメンの友人(パパ&ママ)は新宿二丁目で行われる『レインボー祭り2018』に参加するため、新宿三丁目駅に集合した。「レインボー祭り」というからには『東京レインボープライド』のようなビッグなイベントを想像してしまうが、それは事実とは異なる。実際には、新宿二丁目のママたちが作る商店街の小っちゃなお祭りというのが正しいところだ。

仲通りではなく新宿公園の前の道がメインストリートになってて、アルコールの販売やパイ投げなどのブースがあった。あとは褌でお神輿を担いでいる人たちがいたり、アイドルの曲を踊ったりする出し物があったりした。

f:id:gayblog20s:20180814181616j:plain


もしかしたら来年の参加を検討している人がいるかもしれないので率直な感想を記しておくが、滞在時間30分で十分お腹いっぱいになれる内容だった。参加者体験型のイベント要素が少なくて、手持ち無沙汰感がどうしても否めない。
ゲイバーのママや店子に知り合いがいる人だったら同窓会的な感じで楽しめるかもしれないけど、そうではない人にとってはあまりおもしろくはないかもしれない。


ぼくはパパ・ママに加えて、以前の記事でも紹介したイケメンアラサー男性Cさんと一緒に遊ぶことができたから、その点ではかなり楽しかった。Cさんはちゃんとした大人でありつつも、どこか童心を忘れていないような無邪気なところを持ち合わせているのが魅力的。結構年の差があるけど、一緒にキャピキャピはしゃいだりしてくれるからめちゃくちゃうれしい。

ぼくはCさんにお願いしてパイを顔に投げつけてもらった(笑)。パイを投げてもらえて、それを笑ってもらえるのがなんかうれしいんだよね~。


その後はパパ・ママと一緒にボートゲームをしてご飯を食べて、この日は解散した。



8月13日(月)

引き続き、パパ・ママと一緒に遊んだ。この日はずっと前から行ってみたいなと思っていた幕張メッセで開催されているリアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」に挑戦した。

このゲームは4人プレイをしなきゃいけないんだけど、ぼくたちは3人だったから、その場で一人でいる人に声をかけて一緒にプレイをすることになった。声をかけたのは20代のノンケ男性。一緒にゲームをするうえでとても話しやすくて良い人だったからよかった。ただ、ゲイの中に一人だけノンケが混じっている状況というのは意外とやりづらい。ついついテンションが上がって、「あの(スタッフの)お兄さん、イケてる~」ということを発言したときにも、パパママを冷や冷やさせてしまったということがあった。どうせ一期一会の出会いなんだからサクッとゲイであることをオープンにしてしまってもよかったのかもと思うけど、そこで自分たちが嫌な思いをしたくはないから難しい。

まぁ、そんなこんなはあったけど、4人で協力して楽しく謎解きすることができて楽しかった。3時間くらいで終わると勝手に思っていたけど、結局は6時間以上も幕張メッセにいたみたい。


あと、物販やフードで2千円以上課金した人が入れる「ぱふぱふ部屋」にも入ることができたのが良い思い出。

f:id:gayblog20s:20180814183124j:plain


ぱふぱふ部屋」

さて、中には何があるのでしょうか?答えは・・・教えませーん!笑



8月14日(火)

このブログを書く前まで、またパパ・ママ+アラサーイケメン男性Cさんと一緒に遊んでた。みんな一緒にいて居心地が良いからね。いつもホントありがと♪

今日はCさん行きつけの区民プールでめいっぱい遊んだ。屋外プールで眺めがよく、ゲイっぽいひとたちもたくさんいてイイ感じ。ただの50mプールだからどうやって遊ぶのかな、楽しめるかなと心配していたけど、そんな心配は杞憂に終わった。「プールでおにごっこをやろう!」と童心を忘れないCさんが提案し、おにごっこをやったからだ。おにごっこは何度か繰り返すうちに新たなルールがどんどん構築されていって、めちゃくちゃ楽しい遊びへと発展した。

大人だけでのおにごっこにも真剣になっているCさんがかわいいし、なにより一緒に楽しんでくれるパパママもステキなんだよね。




そんなこんなで楽しい夏季休暇は終わりを迎えることとなった。明日からの仕事のことを考えると少し憂鬱になるけど、この夏季休暇の思い出があればこれから次のお休みまで頑張れる活力になる。


早くまた遊びたいな!次の遊びの予定は登山サークルの活動2回目。今から楽しみ♪