ゲイの一年 ~四季折々~

ゲイとしての今後の人生についてゆるーく考えていきたいと思います。

東京レインボープライドに行ってた

東京レインボープライドに参加しました!


詳しい感想はまた別の媒体に書こうと思うのですが、取り急ぎ今の率直な感想を書くとするなら、

「日差し強すぎ、暑かったー!」
「人混み疲れる。」

っていう感じですかね。

人がとにかく多かったです。その群衆がどんな人たちで構成されているのかを観察すると、ゲイがやっぱり一番目につき、そのほかノンケの人たち(アライ?ただの祭り好き?)、レズビアンと思われる女性、セクシュアリティマイノリティっぽい外国人たち、それから数がグンと減って、派手な衣装を着た人、トランスジェンダーっぽい人たちがいました。


LGBTの祭典」と称されるレインボープライドには、LGBTはもちろん、その周りをとりまくさまざまな人たちが来ているんだなぁと、一歩引いたところから客観的に眺めちゃいました。
ぼくももちろんその中の一部なんだけど、一括りで一緒にされちゃうと「あっ、それは結構です!」と距離を置きたくなる感じ。なんか混沌としていて、この輪の中に入っていける自信が今のぼくにはなかったのかもしれません。

もっとゲイの知り合いが多くて、久しぶりの再会や、会いたい人がたくさんいるんだったら話は変わっていくかもしれないですが、特にそういったものもなく…。


レインボープライドには、ブログ仲間の皆さまも参加していたことは知っていて、「なんか楽しそうだなぁ~」と思っていました。ただ、こういったお祭りの盛り上がりの中で初対面の人と会っても、何か実のある話がぼくにはできそうになかったので、泣く泣く会わないことを決めました。

本当はもっとたくさんのゲイと話したかった!


ただ、いつメンのゲイ友たちと楽しい時間を共有できたから、まぁ良しとする。今日はいつものゲイ友(通称ママ&パパ)に加えて、山梨に住んでいて3ヶ月に1回くらいの頻度で会うゲイ友(通称ばぁば)のこともたくさん知れた。




―――

いろいろ歩き疲れたけど、今日はまだ、レインボープライドで得た収穫物を調査するという任務が残っている。

f:id:gayblog20s:20180506180647j:plain



やれやれ……。