ゲイの一年 ~四季折々~

ゲイとしての今後の人生についてゆるーく考えていきたいと思います。

ぼくの理想のスキンシップ

今日は仕事が終わってからヒゲ脱毛に行った( ,,・ิω・ิ,, )

これでヒゲ脱毛の施術は4回目なんだけど、かなり効果を実感していて、その脱毛サロンにはゲイに関するアレコレ言いたいことがあって、今日はそのことについて書こうと思ってたんだけど……

ついさっき偶然見た日テレ系の番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』の内容がすごく心に響いたので予定変更、そのことについて言及することにした。
(*ヒゲ脱毛の話はまた後日)



―――

秘密のケンミンSHOW』には「ヒミツのOSAKA」という、大阪のおもしろい文化や風習を取り上げるという名物コーナーがあって、毎回楽しく見させてもらっている。



今回は、大阪の男性同士のボディタッチがテーマ。
以下、番組HPから引用↓

大阪府民の男性は、酒の席で男の身体を異常に触る!?
今回のテーマは「大阪府民とお酒」。大阪の男性は、酔うと男同士で熱~いボディータッチをする!? このウワサは本当なのか? 大阪の男性たちが集まった飲み会に潜入し、ウワサの真相を調査!

 

大阪の男性たちの居酒屋で飲み会を取材したり、男同士のスキンシップについて街頭インタビューをしたりといった放送内容でした。



<感想>


男同士で楽しくスキンシップをできるなんて、大阪の人って楽しそう、大阪の人の愛情表現ってステキだな~とうれしく思いながら見ました。

肩を組んだり、キスをする振りをしたりと、とにかく男同士の距離感が近い。しかも年齢問わず、30代の男性がイチャイチャしている場面から、60歳のノンケおじさん同士が仲睦まじく腕を組んでいる場面もあり、見ていてほっこりする(●´д`●)


大阪人男性がボディタッチをする理由として、街角の男性たちの言い分はというと

1、「甘えたいから」
2、「相手が自分とどれくらい仲良しなのかを測るため」
3、「相手との距離を縮めるため」

といったもの。どれもかなり納得&共感できるボディタッチをする理由です!



ぼくはボディタッチが大好き。

仲良くなった(なりたい)人と会っていると、「甘えたい」という気持ちが芽生えてボディタッチしたくてウズウズしてくる。だけど、その人への初めてのボディタッチはいつも緊張する。触った直後に少しでも嫌がる素振りが見られたら、「自分のことキライなのかな」とその後の関係性が途端に不安定になるから。逆に、ボディタッチを受け入れてもらえたら、その後の関係は圧倒的に近くなる。それは心身ともに。


ぼくはゲイだから、ゲイ相手だと誤解される恐れがあるんだけど、エロい気持ちでボディタッチをしていることはほとんどない(まったくないといえばそれはウソになるけど)。

ゲイの関係性って少し複雑なんだけど、恋愛対象も、いろいろな意味で一番通じ合える友人の対象も、どっちも男。だからぼくがゲイだと知られているうえで男に対してボディタッチをしていると、恋愛感情を持っていると思われるかもしれない。だけど、ぼくにとってはそれはたぶん友だち愛なんだよね。友だち愛があり余っていると、それはボディタッチという形になって表れる。

ぼくの中で、ボディタッチの一線を越えたところにセックスがあるんだよね、経験したことはないから予想なんだけど(笑)。


うーん。うまく表現できない。というか長文になるから一度言語化するのを諦めます。

とにかくぼくはボディタッチが大好き!(*˘︶˘*).:*♡
言いたいことはそれだけ。


―――

さて、大阪のステキな文化を知れて、久しぶりに有意義なテレビ視聴体験だったんだけど、この番組に対してまったく不満がないかと言えばそうではない。

番組のディレクター(たぶん東京出身)が、街角の大阪男性に対して、

「男同士でボディタッチするって気持ち悪くないすか?」

と、私的で差別的感情むき出しな質問をしていた。あぁ、今思い返してみてもデリカシーない質問だなぁと思う。もうね、ステキな内容の番組だっただけに、この一言でかなりガッカリしたよ…(_´Д`)


男同士でボディタッチして何が悪いのさ。本人たちが幸せならそれでいいじゃないか。別に恋愛感情抜きで、友だち同士でスキンシップくらいしてもいいだろ!

こんな発言を全国放送で流すなー!!!



(*´Д`)ハァハァ



やっぱりこの発言が世の多くの人の本音を表しているのでしょう…。すごく残念ですね。ノンケだって、高校生くらいまでは男同士でイチャイチャ触り合っているくせに、大人になった途端に「男同士で触り合うのは気持ち悪い」という感覚を持ってしまう。

やっぱり世間の目は同性愛に対してまだまだ全然寛容ではないですね。せめてノンケの男同士が飲み会で仲良くボディタッチするという大阪の文化が、日本全国で当たり前のこととして受け入れられる日が来たらいいな。
それが進んだら、ゲイの男同士が公共の場でボディタッチをしていても何の違和感もない社会になっていく気がする。

まずはそれが第一歩、なのかな?



そうだ、決めた!


ぼくはこれから、相手がゲイかノンケかに関わらず、仲良くなりたい人には積極的にボディタッチをしよう(笑)。エロさは感じさせない、純粋な人間愛のみによるスキンシップ。

みなさんも仲良しの友だちへのボディタッチをどんどん増やしてみてはいかが?